ブログ移転しました。数秒後に新しいURLへ自動的に遷移します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ブログ移転しました。数秒後に新しいURLへ自動的に遷移します

もう何ヶ月か前の話。
ずーっと頭に残っていて、ちょっと書いてみようかと。
いや、大したことではないです。

僕は一時期肝臓が悪くて、肝炎やらの疑いがかかっていて病院に行ってました。
結論から言うと、まったく問題はなかったのですが。
そのときの話。

その病院は総合病院で、ベッド数も多い大型病院です。
大型病院というのは、あれはなんなんでしょうか?
待ち時間1時間で、診療5分みたいなあれは。
「今日は文庫本を読みに病院に来た人~?」という質問に全力で手を挙げたくなる。

病院の「時間」に関するサービスです。
その日は土曜日。診察受付は、11時まで。
で、オッサンが走ってきました。その時11時5分。

「申し訳ありません。11時までの受付となっております」

オジサンは、大きな声で返答する。
「へ?まだたったの5分でしょ?!」

「申し訳ありません。平日か、もしくは土曜の11時までにお越しください」

とぼとぼと、サラリーマン風のオジサンは帰っていきました。
きっと、また一週間先延ばしなんだろうなぁと。
平日に来れるなら、わざわざ土曜には来ないと思います。

「ユーザのニーズを考えるなら12時までやれよ!」
という話ではないです。(それがベストですが・・・)
組織、費用対効果的に難しいこともあります。
しかし、それならそれでやり方があるんじゃないかなぁと思うわけです。

11時が受付締め切りなら、オフィシャルな表記で「10時45分まで」と書けばいいのに、と思います。安易な素人の考えかもしれませんが。10時45分までと表記して、業務は11時までやる。11時を5分も越えようもんなら「10時45分までに・・・」と言えばいい。「20分の遅刻じゃ無理か・・・」とユーザが納得できるのでは?と思います。

もしくは、表記をキレイな数字にしたいなら、15分ぐらい伸ばせば?と思います。
午後の終わりの時間を15分早めてでも。「15分の使い方」になるわけですが。

ビジネスモデルを考えたとき、ユーザのニーズに答えることこそが命題になるわけですが、やはりできることとできないことがある。だから、なんでもかんでも答えればOKというわけではないと思うのですが、その中で、いかにユーザの心理に配慮するかというのも、大事なことなんじゃないかなぁと、思ったものです。

難しいですよね、ユーザ目線って。
2008.03.10 Mon l 情報デザイン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://toksato.blog17.fc2.com/tb.php/43-bf0d63f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。